ローンをする前に知っておくべき総量規制の仕組み

標準

ローンを組もうとする際に総量規制と呼ばれる仕組みが障害となる場合があります。この総量規制とは貸金業法における法律であり、借り手の年収の3分の1以上の金額を貸し付けてはならないという法律になります。そのため大きな金額を借りようとする場合に障害になる場合が多いのです。
この貸金業法の規制の対象となる金融機関には消費者金融を始めいくつかの種類が存在しています。そのような金融機関でお金を借りる場合には、それがどのような融資であろうと、近年人気のカードローンであったとしても同じように規制の対象となります。そのためある程度大きな金額を借りる場合には収入証明を提出しなければならなくなっているのです。
そのため、もしも収入に対して大きな金額の融資を受けなければならない何らかの事情がある場合には、総量規制対象外のサービスを選択しなければなりません。対象外の金融機関として有名なのが銀行です。銀行は貸金業法の規制の対象とはなっておらず、代わりに銀行法の規制を受けています。そのため住宅ローンのような非常に大きな金額のローンを組むことができるのです。
しかしながら銀行が大きな金額のローンを組むことが可能であるとは言っても、審査の基準が甘いわけではありません。銀行法には銀行法に基づいた基準が存在しており、消費者金融などに比べて融資を受けることが難しい場合も少なくありません。お金を借りるという事はいずれにしても明確な基準に基づいた審査が行われるのです。